冒険への入り口

Summer Capital

Recognized as the melting pot of cultures & trade, Baguio City offers different products from different neighboring provinces, where diverse cultures and traditions meet as one. Baguio City has become the hub for commerce, education and business. This is all made possible by the location of the city found in the middle of various provinces with different products and cultures to impart.
The proximity of the city to these places is what makes it the perfect intermediary for different adventures.

アドベンチャーは様々なタイプや名前が存在しますが、皆さんのイメージ出来るアドベンチャーの数々はバギオで見つけることが出来ます。バギオは山々に囲まれた場所に位置しますが、間違いなく全ての人がこの町で見つけられるものは何なのか気になると思います。高い山々の頂上に登れると思いますか? 山々やその近くで出来る楽しいアクティビティーがあると思いますか?

答えはYESです。
味わい深い料理を楽しむ事が出来ます。
素晴らしい現地の人々に会う事が出来ます。
豊かな文化を学ぶことが出来ます。
忘れられない思い出を作る事が出来ます。
そして限りのないアドベンチャーの数々を堪能する事が出来ます。

バギオシティには隠れた名所が沢山あります。
実際に来てその目で確かめて頂きたいです。留学生を魅了するまだ見た事や経験したことのないものがここにはあります。家族や友人に伝える価値のあるユニークなアクティビティーを楽しんでください!

更にその上、バギオの季候はフィリピンの他の地域と違い通年通して冷涼な環境です。BESA加盟校の韓国卒業生は韓国の秋のようなシーズンだと言います。少し肌寒い朝に温かいコーヒーを楽しみたい人や、夜に繁華街を歩きたい人にはバギオはとてもお勧めの場所になります。バギオは冷涼な気温のため、お昼から冷房を付ける必要はありません。バギオは程良い気候なため冷房や暖房は全く必要ありません。そしてアウトドアアクティビティーはいつでも楽しむ事が出来ます!

お勧めスポットでの写真数々

UNESCOによって世界的に選ばれた64のクリエイティブな街として登録されたバギオは、10月終盤になるとより最高なスポットとなります。44の国によって、バギオは優れた工芸品やフォークアート文化のあるフィリピン唯一の町として歓迎されました。
バギオは間違いなく世界水準であり、町の隅々まで訪れる価値のある街です。もしも、自然な環境やそれが届ける穏やかな環境を望むのであれば、多くの人が行きたいと願うバギオの観光名所を訪れてみてください。
ボタニカルガーデンは外国より影響を受けた数々の目印が一つにまとまっています。1時間という短い時間で世界の半分を楽しんだような感覚になれますよ!!

キャンプジョンヘイはバギオの象徴的な場所の1つです。パインツリーが至る所にある事からこの場所は時たま”バギオの中の小バギオ”と呼ばれる事があります。ジョギングをすれば皆さん西部諸国を感じることが出来、そしてより多くの観光名所や様々なレストランがこの場所で楽しむ事が出来ます。

ベンキャブ博物館は霞がかったアシンの山に位置しています。国際的アーティストであるBen・Cabreraと同時代のコーディレラアートを象徴しています。4つのレベルからなる博物館は最下層にアートワークの画材でもあるSabelに因んだカフェがあります。ロマンチックだと思いませんか?^^

コスタ山はベンゲット、ラ・トリニダットに開山され、その自然の様は多くの人を魅了します。100種類はある花々は”インスタ映え”する事間違いなしです。まるでアリスに出会えるようなワンダーランドは自然とアートにであるまさにマジックで出来たような庭園です。

バギオの食べ物

バギオシティは、ベンゲット州で取れる作物等の中心地となっており近隣にも州が位置しているため、多くの農作物を堪能する事が出来ます。
バギオにあるレストレンガ提供する豊富な料理の数々は初めてバギオに来る観光客を圧倒します。伝統的なフィリピンの料理から別国の有名な料理まであり、どのレストランに入ればいいか迷ってしまうほどです。
韓国、日本そして中国のレストランは既にバギオ市内に点在していて、それに追随してベトナムや地中海、中東の料理は増加傾向にあります。ギリシャ料理やイタリアンのレストランも少しづつ増えてきており、国際色豊かなレストランを楽しむ事が出来ます。

家庭料理などを提供する屋台はバギオの至る所に点在しています。レストランでも喫茶店でもバギオ市内を少し練り歩けばお洒落なお店を見つけることが出来ます。バギオは文字通り食べ物の源泉になっているので、是非皆さんの目でおいしいレストランを見つけてみて下さい。

バギオに付近にある山々の探索

喫茶店でお洒落に珈琲を飲むのにすぐ飽きてしまう方は、バギオがいくつもの山々の連なりに位置していることを思い出して下さい! 山の探検はバギオのすぐ近くで体験する事が出来ます。探検の荷物をそろえて、ハイキングを楽しんでみましょう!!

ウラプ山は6~7時間の登山で登ることが出来ます。3つの頂から成り、そこから見る眺めは大草原や、松の木、石の連なりが作り出す風景を一望する事が出来ます。皆さんに覚えておいて頂きたいのは、険しい連なりから出来たGungal Rockでの写真撮影は忘れられない思い出となるでしょう。

プラグ山はルソン島でも最も高い山として知られ、フィリピンでは第三の高さの山です。ローカルの人々はこの山を”神の遊び場”として呼ぶことがありますが、これはその風景や豊富な生物の多様性を見ることが出来るからです。登山家でなくても多くの人はこの山の”雲の海”を一目見るために登山に挑戦します。

サガダケーブは多くの留学生が向かうアクティビティースポットです。洞窟内部に入っていくことは度胸がいるほど、その体験は一生でも忘れられないものとなる事でしょう。また、洞窟等のアクティビティが苦手な人は青い土壌を楽しめる谷や棺をぶら下げている谷等を見てみましょう。洞窟と同じぐらい、あなたを魅了する事間違いなしです。
バナウェーライステラスはテクノロジーを使うことなく、2000年の歴史を誇る山々に原住民の手で作り出された場所です。その素晴らしい景観は”世界の八つ目の不思議”という二つ名で呼ばれています。

山以外でも豊富なアクティビティーの数々

山脈を見飽きてしまった。そんなあなたのためにもご紹介出来るものがあります。山の中にあるバギオですが、実はすぐ近くにはより様々な場所に行くことが出来ます。バギオという街は実は全国的に様々な州につながっており、簡単に移動する事が可能です。フィリピンは7,600以上の島からなる国ですが、それぞれの島で異なるアクティビティがある事もあり、探検家の心をエンドレスにくすぐっています。

下記にその例を紹介します:
ラ・ユニオンはバギオに最も近い州です。短時間の移動でサンジュアンビーチに行くことが出来、そこでは波が沖まで押し寄せ、遊泳者達はこの場所を楽しみ、夕日を望むことが出来ます。サーフィン初心者の方でも安心で、専属のトレーナーが現地で教えてくれます。Tangadan Fallsでは飛び込みに挑戦する事も出来ます。

イロコスはルソン島の周りに位置しており、美しいビーチに囲まれています。イロコスノルテはサウドビーチ、ブルーラゴーンがあり、イロコススールにはカブガオビーチ、サンチエゴ入り江を見ることが出来ます。この領域は多くの遺産スポットがあり、スペイン統治の時代に作られた教会や、近年観光客が集まっているビガン等が知られます。

ヌエバ・エクジャは米の穀倉として知られるため観光客は少ない傾向にあります。1つ観光客の目を引きそうなものがあるとすれば、この地の川の色をよりクリスタル色に保っているミナルンガオ国際公園です。そしてもう一つは、パンタバンガンの湖で、この場所も”インスタ映え”する事間違いなしです。

パンガシナンも多くのビーチを有し、更に天然のウォーターパークでは飛び込みの度胸試しも出来ます。最も人気で有名なのがハンドレッドアイランドと白砂のビーチです。まだ混雑はしていませんが、魅力的な景観を誇るタンボボンビーチ、アガバタネンビーチ、そしてカボンガオアンビーチなどがあります。

ザンベイルスは5時間の所要時間が必要ではありますが、訪れた人が恋焦がれる見事な入り江が広がります。この入り江は複数あり、プンガクイットビーチ、アナワンギンの入り江、ナグササ入り江、カメラアイランド、カポネスアイランド、タィサヴィン入り江そしてシラングイン入り江からなります。

これらの場所はフィリピン観光の初心者でも簡単に訪れることが出来るスポットです。まだまだフィリピン全土の未開の地は多数あり、皆さんの足で是非とも未開の地を訪れてみて下さい。これらの地を訪れることが出来るのはバギオというベースがあるからこそです。全ての探検はバギオシティから始められますよ!!